技術系災害ボランティアの募集について

 
 

2月25日

会員の皆様お疲れ様です。

皆さんもご存知の通り、2月13日の深夜に福島県沖で地震が発生しました。死者1名、重傷者12名という状況で地震の規模と比べると人的被害が少なく報道などもあまりない状況です。しかし、被災地を見ると断水地域も広範囲にあり、特に屋根瓦被害はひどい状況です。幾つかの技術系ボランティア団体が現地で活動を行っています。そのような状況の中、福島県新地町で活動をしている技術系災害ボランティアネットワークから人的支援の協力依頼がありました。

コロナが感染拡大してから、ボランティアの募集は広く行われない状況が続いています。今回の災害でも広域でのボランティア募集は行っていない被災地がほとんどです。

今回のボランティア募集は消防士や自衛官など、自分の責任で高所作業ができる技術系ボランティアの募集のみです。さらに福島県と宮城県の方を中心に募集したいと思います。福島県と宮城県以外の地域から参加される方はPCR検査など、感染確認を行ってから参加をお願いします。

2月28日から現地入りして状況調査と資機材の搬入をします。こういったボランティアは、一人一人は1日、いや半日のボランティアでも多くの方が協力してくれることでたくさんの市民の方々が救われます。ぜひ、ご協力をお願いします。現地に向かうことが困難な方は、難しいという方は、ぜひ「研究会がボランティアを募集しているよ」という情報拡散をお願いします。

◯ボランティア活動拠点
福島県新地町

◯活動内容
屋根瓦被害の防水作業
屋根の応急補修も技術が進化していて、様々な方法があります。そのような方法も現地で教養していただけますのでご自身の住まいがある地域が被災したときに役立つ知識技術はたくさん学べると思います。

◯募集する方
消防士、自衛隊、警察官など
※高所作業になりますので、自己の安全管理を確保できる方が前提となります。
医療関係者などの方で、参加希望の方は高所作業以外の荷物搬送などお手伝いできることもありますのでご相談ください。

◯現地入り期間
3月以降(終了期間未定)半日でも1日でも構いません。
2月28日から3月1日まで八櫛が現地入りして、情報収集や役場の方々との調整などを行い、現地の情報をフィードバックします。
すでに近隣地域の消防の方々はボランティアで活動している状況です。

◯持ち物
・足袋(たび)など屋根で作業ができる履物
(安全靴だと瓦を割ってしまう時があります。)
・作業のできる服装
以上です。
・ハーネスは研究会で準備します。
・ハーネスは研究会で準備しようと考えていたのですが、荷物を置いておくことができなかったので、個人で購入して持って行ってもらい、後から研究会が買い取る形にしました。2000円くらいのクライミングシットハーネスで十分です。安定性を重視して5000円くらいの腰あてがついたものでも研究会で買取しますので、山道具やさんで事前にゲットしていただきたいと思います。
・N-95マスクも研究会で準備します。
・ヘルメットも用意しますが、訓練で要救助者用PPEとして使用しているヘルメットですのでご自身で持ってこれるものがあれば持ってきていただいて方がいいと思います。
・自己確保ロープなどは現地にあるということです。
・屋根の応急補修部材なども現地で準備されています。

◯宿泊
現地で活動中のボランティア団体が宿泊場所を確保してくれています。しかし、ボランティアではいつものことですが、公的施設の待機室に雑魚寝になります。寝袋など5~6人分は研究会で持って行きます。過去の車中泊よりかは相当快適だと思います。費用はかかりません。

◯交通費等
申し訳有りませんが、研究会からの補助はありません。自己負担になります。

研究会会員の皆様(急ぎのお知らせですので誤字脱字はご容赦ください。)

申し込み(連絡先)

研究会事務局:nporiro@yahoo.co.jp

携帯のショートメール:

090−1790−7647

※電話にスムーズに出るのは難しいので

ショートメールでお問い合わせください。

八櫛のラインがわかる方はラインでもOKです。

3月3日

会員の皆様お疲れ様です。

現地で活動してきました。

やはり、消防士は大活躍です。自分で安全管理をして高いところに上れるのはすごいことです。

ぜひ、協力をお願いします。

県外の方はPCR検査などの感染確認をお願いします。