兵庫県で初の研究会を開催!!
TOPページへ戻るTop_page.html
 
 

日時:平成17年12月19日

            水曜日

 

場所:兵庫県広域防災センター

 

目的: 今年5月に本邦初の瓦礫救助訓練施設が完成した。この施設は東京消防庁・第八方面消防本部が所有するCSR/CSM訓練施設と、NASAのAmes Research Center内にあるFEMAの施設のCSR/CSM(Confined Space Rescue/Medicine)訓練施設を基にして作られた。この施設を活用し日本国およびアジア地域におけるCSR/CSM教育プログラムが必要とされており、今回はその作成に向けた検証を目的とする。


























 
俺たち  USAR  !!
私たちの研究会から16名参加しました。写真は微妙にメンバーが足りない・・・。作業着をおそろいにしたので団結力がでました。今回の訓練は医師が中心となった企画、訓練でした。本来、救助のプロである我々消防士がしっかりと技術を身に付け、医師をサポートしなければなりません。 今回の参加者の皆さんからこの企画を定期的に実施してほしいと強い希望がありました。今後、私たちの研究会でCSM,CSR訓練会を企画して行きます。全国の医師を含めた救助関係者のみなさんご期待下さい。